【ディーンタピオカ】DEAN FUJIOKA(ディーンフジオカ)のひと言で本当に商品化!

芸能

大人気俳優のディーン・フジオカさんが、まさかまさかのことをやってしまいました♪

 

バラエティ番組に出演したときに冗談で言ったひと言が、なんとこの度本当に商品化!

 

このちょっとおかしくて驚きのニュースについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」がまさかの商品化で誕生

 

■DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」25日誕生 台湾甜商店とコラボ■

DEAN FUJIOKAが監修し、生タピオカ専門台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」とコラボレーションしたドリンク「ディーンタピオカ」が、今月25日から12月25日までの期間限定で販売されることが決定した。

映画『記憶にございません!』のプロモーションでフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演した際、「ディーンタピオカ」と発言してネットで反響を呼んだことがきっかけ。

舞台あいさつでも主演の中井貴一から「ディーンタピオカ」とあいさつするように勧められたり、三谷幸喜監督とは「本当に実現したら飲んでくださいね」約束したりと盛り上がり、本場台湾のタピオカを提供している台湾甜商店とのコラボドリンク開発に至った。

DEANは12月11日発売の新EP『Shelly』収録曲をイメージした「鴛鴦■茶(オシドリミルクティー)」(■=女へんに乃)と「蝶豆花茶(バタフライピー)」の2種類のディーンタピオカを監修した。

いずれも環境に配慮し紙ストローで提供するなど、DEANのこだわりを随所に詰め込んだ。

「Shelly」をイメージした「鴛鴦■茶」はミルクティーと珈琲をブレンドした新感覚のドリンクで、DEANが中華圏で愛飲していたドリンクを日本にも広めたいとの思いから開発。

台湾甜商店らしさをプラスし、ナッツクランチを乗せたホイップとチョコソースで仕上げた。

「Searching For The Ghost」の謎めいた楽曲の世界観を表現する「蝶豆花茶」は、“謎”をテーマに開発したミステリアスドリンク。

いちごゼリーを入れた蜂蜜レモンソーダにバタフライピー(青いお茶)を融合し、色の移り変わりも楽しめる。

コラボ期間中は全商品に『Shelly』のジャケットがデザインされたステッカーもしくはシーラーを貼り付ける特別仕様。

台湾甜商店のインスタグラムをフォローし、「#ディーンタピオカ」「#Shelly」のハッシュタグを付けてディーンタピオカの写真を投稿すると、抽選で1名に台湾甜商店1ヶ月間通い放題の招待券がプレゼントされる。

引用:オリコン

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ディーン・フジオカ」プロフィール

 

氏名:藤岡 竜雄

性別:男

生年月日:1980年8月19日

出身:福島県 須賀川市

身長:180cm

体重:非公開

血液型:A型

職業:俳優、モデル、タレント

所属:アミューズ

 

 

■公式WEBサイト

DEAN FUJIOKA Official Site
所属事務所アミューズによるDEAN FUJIOKA公式ウェブサイト

 

■Twitter

 

■インスタグラム

.deanfujioka (@tfjok) • Instagram photos and videos
582k Followers, 296 Following, 1,568 Posts - See Instagram photos and videos from .deanfujioka (@tfjok)

 

■Facebook

DEAN FUJIOKA
DEAN FUJIOKA - 「いいね!」103,075件 · 47人が話題にしています - 台灣工作連絡:artist@tw.amuse.co.jp 公司電話:+886-2-8773-7972

 

■You Tubeチャンネル

YouTube

 

■福島県 須賀川市(出身地)

Google マップ

 

スポンサーリンク

 

 

DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」ネットの反応

 

 

スポンサーリンク

 

 

DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」がまさかの商品化まとめ

 

DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」がまさかの商品化について記事にしました。

 

ディーンフジオカさんって多方面に才能があって流石という感じですが、まさか冗談で放ったひと言からこれだけ反響のある商品を生み出すことになるとは思ってもいませんでした。

 

本当にカリスマ性があるんですね。

 

でも、今回の商品化についてはおそらく一番驚いているのはフジオカさんご本人かもしれませんね。

 

私も機会があれば是非飲んでみたいと思いますが、あいにく地元にお店がないのでグッと我慢です。。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました