石橋典昭の顔画像!勤務先や犯行動機は?元勤務先の全データーを消去で逮捕|千葉・八千代

事件・事故

元勤務先の会社のパソコン内部の全データを消去して業務を妨害する事件が発生しました。

 

事件を起こしたのは元従業員の石橋典昭容疑者です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

石橋典昭が元勤務先の全データを消去した事件の概要

 

■元勤務先の全データを消去 元システム管理者の男を逮捕■

業務を妨害する目的で元勤務先のパソコン内のデータを全て消去したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課は25日、電子計算機損壊等業務妨害の疑いで、東京都調布市多摩川の自称会社員、石橋典昭容疑者(62)を逮捕した。

「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は3月5~6日、以前勤務していた千葉県八千代市の建設会社のパソコンに不正にアクセスし、顧客情報や契約書などの全データを消去したとしている。

石橋容疑者は同社のシステム管理を1人で行っており、1月の依願退職後も会社がIDやパスワードを変更していなかったため、データにアクセスできた。

同課によると、個人情報の漏洩(ろうえい)などは確認されていない。

引用:産経新聞

 

事件のあった千葉県八千代市

 

■千葉県八千代市

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

 

千葉県はこの夏の災害で大変な地域だというのに、石橋典昭容疑者はこんなことをやっている暇があるのならボランティア活動でもしていたら良かったと思うのは私だけでしょうか。

 

石橋典昭の犯行動機

 

石橋典昭容疑者は犯行動機として「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と供述しているようです。

 

社会に出て会社勤めしている人で、社長や会社に全く不満がなく、毎日楽しく働いている人なんて果たしてどれほどいらっしゃるでしょうか。

 

はっきり言って皆無に近いと思います。

 

社会に出て生きていくということは、いいこともありますが嫌なことの方が多いくらいですよね。

 

大人として、そこを我慢できず逆恨みしてこのような事件を起こす幼稚さは、決して養護できません。

 

スポンサーリンク

 

 

石橋典昭の顔画像やSNS

 

石橋典昭の顔画像

 

石橋典昭の写真の他に、SNS情報も調べてみましたが、本人と特定できるものは見つけることができませんでした。

 

年齢的に、SNS自体をやっていない可能性も高いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

石橋典昭のプロフィール

 

氏名:石橋典昭(さかがみ なおき)

性別:男

年齢:62歳

住所:東京都調布市多摩川

職業:自称会社員

勤務先:不明

逮捕容疑:電子計算機損壊等業務妨害

 

■石橋典昭の住む東京都調布市多摩川

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

 

電子計算機損壊等業務妨害とは

 

■電子計算機損壊等業務妨害罪

【電子計算機損壊等業務妨害罪とは】

本罪は、コンピューター等人の業務に使用する電子計算機若しくは記録を損壊し、若しくは虚偽の情報若しくは不正な指令を与えるなどして誤作動等をさせて業務を妨害した場合に成立し、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科されます。

【被害の態様】
コンピューターやそのデータが削除・破壊等された場合に本罪が適用されることとなります。
さらに、以下のような行為も本罪に該当します。

パソコンの電源を正常の方法では無い方法で落とし、パソコンに障害を引き起こした。

メールサーバーに大量のメールを送信し、メールサーバーに障害を引き起こした。

ホームページに異常なアクセスを繰り返し、障害を引き起こした(DoS攻撃と呼ばれています。偽計業務妨害も問題となります)。

なお、2003年頃から、Winnyと呼ばれるP2Pソフトウェアを通じてAntinnyと呼ばれるウイルスが流行しました。

これは通称「暴露ウイルス」と呼ばれ、動画などを装っていました。動画を閲覧しようとすると、そのパソコンに感染し、そのパソコン内にあるファイルを勝手に公開してしまうというものでした。

このウイルスの感染力は高く、自衛隊、裁判所、刑務所、学校などで機密性の高いファイルが公開され話題となりました。

そこで、このような「暴露ウイルス」が本罪に該当するかが問題となりますが、本罪はウイルスの提供を処罰するものではないので、ウイルスが提供されてもウイルスを実行したのが被害者本人であれば、ウイルスが電子計算機等を「損壊」したとはいえず、本罪にあたりません。

この場合は、別罪である不正指令電磁的記録に関する罪(ウイルス罪)で処罰されることとなります。

引用:告訴・告発.com

 

スポンサーリンク

 

石橋典昭が元勤務先の全データを消去した事件のネットの反応

 

バックアップ取ってなかったら最悪ですね。
1人に任せてたぐらいの会社だから取ってない可能性大ですかね?

安易なリストラ、善意を悪用する経営者、ワークライフバランスとかいって賃金カットを容認する世論を作る政府・・・
企業には人しかいないのだからもう少し大事に扱わないといけないのに、そうしなかった事例の結末に感じるなぁ

システム管理を一人に任せた会社の責任も重いですね。
消去されたデータはサーバーのHDDにあったのですかね?
おそらくバックアップもないでしょう。HDDのデータなら復元できるかも知れません。サーバーのある部屋には入れたんですね。

普通、退職したら、まずIDパスワードは消すのが常識なんですけどね。
まあ、システム管理者としても有能ではないですね。
できるシステム管理者なら、証拠は残さずにデータだけ破壊しますからね。

62歳でシステム管理を一手に引き受けていたということはそれなりのスキルを有していたのではなかろうか。
もしアウトソーシングしたらおそらくかなりの年俸になるであろう業務だったであろうに、中小の現場でありがちな1人情シスではろくに機器選定にも予算確保にも耳を貸してもらえず、安月給で納得のいかない人事であったことも考えられる。
だという状況だったとしたら、これくらいの報復はしたくなる気持ちもわくだろうな。

捕まろうが死刑になろうが、会社が被った被害は取り返しがつかないわけで、石橋容疑者としては「してやったり」でさぞ満足でしょうね。
ちゃんとしてなかった報いです。これを機に、エンジニアの地位が少しでも上がりますように。

この人がまともな人だとおもっていいますが、
普通そこまで会社に対してはやらない。
よほどのことがあったんだろうな。。
ブラック企業に甘い日本。法律も守れないとやっていけない会社なんか潰れるような法律にかえないとな!!

昔、勤務していた会社でも同様の事件があった、「俺、辞めるときはシステム消す」とか言っていたが本当に実行して、社長が随分困った。結局は、システム管理が問われる事態になったが、社長はシステムを自力で復活させ、新システムの開発を別の社員に命令、私も後に加わり責任者となった。当然、毎日データのバックアップを取ることにした。
小さな会社ではよくあること、人間関係が主な原因。社員を鄭重に扱うことが防止策かも知れない!

 

スポンサーリンク

 

石橋典昭が元勤務先の全データを消去した事件まとめ

 

石橋典昭が元勤務先の全データを消去した事件について記事にしました。

 

これは「老害」と言えるかどうかわかりませんが、年寄の人の恨みや執念は恐ろしいですね。

 

会社側も大変でしょうが、今後の実務が滞りなく遂行していけることをお祈りしております。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました