小川裕気(元巡査)の顔画像!プロフィールや勤務先、SNS!入浴中女性を盗撮の犯行動機は?名古屋

事件・事故

元警察官の小川裕気容疑者が、入浴中の女性を盗撮して逮捕される事件が発生しました。

 

弱気を助け、悪者を捕まえる立場にいた人間が犯した行為に呆れてしまいます。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

小川裕気(元巡査)が入浴中女性を盗撮事件の概要

 

■元警官、民家に忍び込み入浴中の女性盗撮か…携帯に画像多数■

愛知県警西署は26日、名古屋市西区比良、運送会社社員の男(26)を住居侵入と県迷惑行為防止条例違反の疑いで再逮捕した。

発表によると、男は10月20日午後11時40分頃、同区の会社員男性(61)宅の敷地に侵入し、携帯電話のカメラで入浴中の女性(29)を盗撮した疑い。

男は県警の元警察官。同区の別の男性宅の敷地内に侵入した疑いで11月6日に逮捕。携帯電話を調べると、盗撮したとみられる女性の裸の画像が多数保存されており、今回の容疑が浮上した。

引用:読売新聞オンライン

 

小川裕気は現在執行猶予中の身でした

 

■執行猶予中の26歳元警察官を再逮捕…住宅の敷地に侵入し入浴中の女性を盗撮 携帯から多数の“動画”■

執行猶予中に住居侵入の疑いで逮捕された愛知県警の元警察官。別の住宅の敷地内に侵入し入浴中の女性を携帯電話で盗撮したとして再逮捕です。

再逮捕されたのは、名古屋市西区に住む愛知県警の元巡査・小川裕気容疑者(26)で、10月20日夜、西区内の住宅の敷地に侵入し入浴中の女性(29)を携帯電話で盗撮した疑いが持たれています。

警察によりますと、小川容疑者は警察官だった3年前、知人女性(当時22)への強制わいせつ致傷などの罪で有罪判決を受け、執行猶予中の11月6日、西区内の別の住宅の敷地に侵入したとして逮捕されていました。

警察が押収した携帯電話からは女性を盗撮したとみられる動画などが多数見つかったということで、調べに対し小川容疑者は容疑を認めています。

引用:東海テレビ

 

小川裕気容疑者は、3年前にも強制わいせつ致傷などの罪で逮捕されていた模様です。

 

執行猶予中に盗撮をするということは、もはや小川裕気容疑者は病気ですね。

 

精神的な性病と言っても過言ではない人間ですので、このような人間は一生監視下に置く状態にしていただけるように法改正をしてほしいと思います。

 

小川裕気の犯行動機

 

小川裕気は性欲が強くて、自分の欲求を満たすためなら人に危害を加えてでも達成するほどの病的人間です。

 

彼の犯行動機は明言されていませんが、想像するに自分の性的欲求をコントロールできなかったということだと思います。

 

この手の人間は、自分の願望を実現するためには後先考えず行動する生き物ですから。

 

元警察官ということですが、こんな人間を採用できる試験って、いったいどうなっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

小川裕気の顔画像とSNS情報

 

小川裕気の顔画像

 

小川裕気のSNS情報も調べてみましたが、彼のものと特定できるような情報は発見できませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

小川裕気のプロフィール

 

氏名:小川裕気(おがわ ゆうき)

性別:男

年齢:26才

住所:愛知県名古屋市西区

職業:元愛知県警察官(逮捕時は運送会社社員)

勤務先:現在の勤務先は不明

逮捕容疑:住居侵入

 

■小川裕気が住む愛知県名古屋市西区

Google マップ

 

■愛知県警

Home - 愛知県警察

 

■住居侵入罪

住居侵入罪は、正当な理由がないのに、人の住居など(『人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船』)に侵入した場合に成立する。法定刑は3年以下の懲役または10万円以下の罰金である。未遂も処罰される。

保護法益や構成要件の解釈をめぐって争いが多い。構成要件該当性や違法性を認定するにあたっては、住居権者の意思や侵害者(とされる者)の行為態様の考慮、さらに両者の基本的人権の比較考量などをするべきか、するとしてもどのようにすべきかが問題になる。

例えば、窃盗目的で開店中のデパートに玄関から入店することが建造物侵入にあたるかといった場面で問題となる。在日米軍の施設に侵入した場合は刑特法により処罰される。

なお、かつては皇居等侵入罪の規定が刑法131条に存在した(天皇皇族に対する行為の重罰規定)が、1947年に削除され、現在は住居侵入罪で処断される。

引用:Wikipedia

 

スポンサーリンク

 

小川裕気(元巡査)が入浴中女性を盗撮事件のネットの反応

 

今は「運送会社社員」であって「警官」ではないのに、見出しには「元警官」の肩書きを使われるんだよな。

この男が、今後、別の仕事に就いて、また犯罪を犯したとしても、見出しには、また「元警官」という肩書きが使われるんだろうな。

一度「警官」になっただけで、一生その肩書きから逃れられない。

侵入しやすい家とか、風呂の位置とか、判断つきやすいのかな、元警官だと!?

写真は、個人で楽しんでいたか、ネットで儲けていたか、ネットだと、被害者がたまったもんじゃないね

人が油断しやすい所 侵入し安い所 時間帯も本物より詳しい こいつは家族構成も知ってて狙った可能性がある 誰も信じられません 自分で家族を守りましょう

執行猶予って制度は本当に必要?
特に薬物と性犯罪は再犯率も高いのに。
個人的には、最低20年は懲役で良いと思う。釈放時には去勢もセットでね。

>強制わいせつ致傷などの罪で有罪判決を受け
なぜ執行猶予にしたのだろうか
盗撮以外にも誰かを襲っていたのかもしれない
警察が凶悪な性犯罪常習犯となっているのに
危機意識を持たず野放しにするとはまさに暗黒社会だ
せめてGPSをつけ
盗撮罪を設置して罰してほしい

多数のデータがあるということは、まだまだ余罪が出てくるのでしょうね。

でも、所詮は「ションベン刑」なんでしょ?

前の件(強制猥褻致傷)は被害者との示談が済んだから、野に放たれてたと解釈していいのかな?

こういう場合、実際に課せられる刑罰はどうなるの?

あくまで今回の盗撮だけで量刑は決まるの?
執行猶予中にやらかしたから、やはり通常よりはきついお仕置きが待ってるの?

個人的には最低でも数年は入っていて欲しいのだけど。

家族とかが被害者たちに被害弁済して、またまた野に放たれるなんてことはないよね?

盗撮…
もしかしたら、襲われていたかもしれない事件じゃないか…こんなやつ生かしてていいのか?

 

スポンサーリンク

 

小川裕気(元巡査)が入浴中女性を盗撮事件まとめ

 

小川裕気(元巡査)が入浴中の女性を盗撮した事件について記事にしました。

 

そもそも3年前に強制わいせつ致傷などの罪で警察官を止めた男に執行猶予がついたのはなんででしょうか。

 

日本ってわいせつ事件に対して本当に甘いですよね。

 

重罪という認識がないのでしょうか。

 

こんなことは考えたくないですが、元警察官ということで刑が軽くなっているなら大問題です。

 

この男は再犯の恐れが非常に高いので、厳罰に処してください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました