中山大資(外科医師)の顔画像あり!SNS、プロフィールや勤務先も!酒気帯び運転で事故|長崎・佐世保

事件・事故

長崎県佐世保市で外科医師が酒気帯び運転で事故を起こし逮捕されました。

 

逮捕されたのは外科医師の中山大資容疑者です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

中山大資(外科医師)が酒気帯び運転で事故し逮捕の概要

 

■事故を起こし逃走…酒気帯び運転容疑で医師を逮捕【長崎・佐世保】■

27日夜、佐世保市で酒気帯び状態で普通乗用車を運転し交通事故を起こしたとして、佐世保市の医師が逮捕されました。

逮捕されたのは、佐世保市の長崎労災病院の整形外科医 中山 大資 容疑者(35)です。

警察によりますと、中山容疑者は27日午後11時前、佐世保市上本山町の県道で、30代の男性が運転する軽乗用車と衝突事故を起こしそのまま逃走しました。

警察が、約1時間後に佐世保市中里町の県道で中山容疑者を発見し職務質問したところ、呼気から基準値を超えるアルコール分が検出されたということです。

中山容疑者は警察の調べに対し容疑を認めていて、プライベートで車を運転していたということです。

引用:KTNテレビ長崎

 

 

中山大資(外科医師)の犯行動機は?

 

中山大資容疑者は外科医でお金にも困ってないはずなのにどうして代行運転を呼ばなかったんでしょうか。

 

推測するに、面倒くさかったからだと思います。

 

人の命を救う立場である医師なのに、人を殺す凶器になりうる車を飲酒して運転するという、人間的に最低な行為を行いました。

 

中山大資容疑者には、もう二度と車の運転ができないように免許を剥奪してほしいと思います。

 

併せて、医療現場にも戻れないように厳罰をお願いします。

 

スポンサーリンク

 

 

中山大資(外科医師)の顔画像とSNS

 

中山大資(外科医師)の顔画像

出典:http://nagasakih.johas.go.jp/information/kouhoushi/pdf/hiroba201904spring.pdf

 

併せてSNS情報も調べてみましたが、同姓同名の人物は複数ヒットするものの、本人と特定できるような情報は見つけ出すことができませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

中山大資(外科医師)のプロフィール

 

氏名:中山大資(なかやま だいすけ)

性別:男

年齢:35才

住所:長崎県佐世保市

職業:整形外科医

逮捕容疑:酒気帯び運転

 

■中山大資(外科医師)が飲酒運転で事故を起こした長崎県佐世保市中里町

Google マップ

 

■酒気帯び運転(飲酒運転)違反の点数と処分

酒気帯び運転(飲酒運転)違反の点数と処分 - 交通事故・違反の法務相談室
酒気帯び運転(飲酒運転)は体にアルコールを保有した状態で車の運転をしてしまったときの違反です。お酒を飲めば注意力などが低下しますので、飲酒したうえでの車の運転は事故の可能性も高くなり、重大な違反とみなされます。それでは酒気帯び運転の違反をしてしまうとどの位の違犯点数が付され、どのような処分がされるのでしょう。また、どの...

 

中山大資(外科医師)の勤務先

 

■長崎労災病院

独立行政法人 労働者健康安全機構 長崎労災病院
佐世保市の長崎ろうさい病院のホームページです。当院は、佐世保市・長崎県北部・佐賀県西部地域の医療を受け持ち、整形外科・脳神経外科は全国でも有数の手術件数を誇り、ドクターヘリの受入・救急患者の24時間受入体制により、地域医療に貢献しています。     

 

■長崎労災病院WEBサイト医師プロフィール

引用:http://www.nagasakih.johas.go.jp/information/shinryouka_info/seikeigeka/seikeigeka_ishi.html

 

■所在地マップ

Google マップ

 

スポンサーリンク

 

 

中山大資(外科医師)が酒気帯び運転で事故し逮捕のネットの反応

 

逃げずに事故処理してれば飲酒運転、物損事故だけで済んだろうに。
逮捕されたなら職も解雇だろうな。

人身事故にはならなかったのかな?

逃げるぐらいなら初めから飲酒運転するな

酒が犯罪を生む
逃げたのは問題外だが

 

スポンサーリンク

 

中山大資(外科医師)が酒気帯び運転で事故し逮捕まとめ

 

中山大資(外科医師)が酒気帯び運転で事故し逮捕された事件について記事にしました。

 

お酒を飲んで車を運転し、事故を起こして逃げるなんて犯罪のオンパレードですね。

 

しかも、その犯罪を起こしたのが大病院の整形外科医とは・・・。

 

世も末ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました