溝口扼男(松本千明さん死亡事故)の顔画像!SNS特定?プロフィールや職業は?佐賀の西九州道で正面衝突

事件・事故

佐賀県伊万里市の西九州自動車道で、車が正面衝突する事故があり、長崎県佐世保市の女性が死亡しました。

 

事故を起こしたのは溝口扼男容疑者で、被害に遭って死亡したのは松本千明さんです。

 

この事故について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

溝口扼男(松本千明さん死亡)佐賀の西九州道で正面衝突事故の概要

 

■佐賀の西九州道で車が正面衝突 長崎県佐世保市の女性死亡■

30日夕方、佐賀県伊万里市の西九州自動車道で、車が正面衝突する事故があり、長崎県佐世保市の女性が死亡しました。

亡くなったのは、佐世保市矢峰町の松本千明さん(26)です。

30日午後5時半前、佐賀県伊万里市の西九州道で、松本さんが運転していた軽乗用車に、対向車線を走っていた乗用車が正面衝突し、松本さんが頭などを強く打って死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた、佐世保市小佐世保町のアルバイト、溝口扼男容疑者(76)を現行犯逮捕しました。

事故現場は、片側1車線ずつの直線で、中央分離帯がなく、警察は、溝口容疑者の車が対向車線にはみ出したとみて、詳しく調べています。

引用:テレビ長崎

 

 

■事故が起こった伊万里市南波多町井手野の西九州自動車道

Google マップ

 

溝口扼男が起こした事故原因

 

溝口扼男容疑者が起こした死亡事故の原因ですが、現時点では容疑者の口からはっきりとした理由は語られてないようです。

 

しかし、事故現場は見通しの良い直線の区間だったそうなので、そこで対向車線にはみ出して車同士が正面衝突するということは、長時間の脇見か居眠りという見方で間違ってないと思います。

 

対向車線からいきなり車がこちらに向かってきたら、とっさに避けることなんて不可能に近いですよね。

 

急ハンドルを切っても重大事故のリスクが高いし、こちらが急ブレーキを踏んでも相手は突っ込んできているので結局正面衝突してしまいます。

 

当時の松本千明さんの恐怖を考えるといたたまれない気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

溝口扼男の顔画像とSNS

 

溝口扼男容疑者の顔画像は、現時点ではメディアから公開されていませんが、SNSで名前検索したところ非常に興味深い情報が掲載されていました。

 

そこには勤務先等の情報も書かれていましたが、本人のものとは特定できていませんので掲載することは控えておきたいと思います。

 

ご興味がありましたら、ご自身で検索をお願い致します。

 

スポンサーリンク

 

 

溝口扼男のプロフィール

 

氏名:溝口扼男

性別:男

年齢:76才

住所:長崎県佐世保市小佐世保町

職業:アルバイト従業員

逮捕容疑:過失運転傷害(過失運転致死に切り替え済)

 

■溝口扼男が住む長崎県佐世保市小佐世保町

Google マップ

 

■過失運転致死罪

過失運転致死傷罪(かしつうんてんちししょうざい)とは、自動車の危険運転で人にケガをさせるまたは死亡させたときに問われる罪です。 罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。 重い罰則があるにもかかわらず、危険運転による事故は一定数起き続けているのが現状です。

過失運転致死傷罪とは|罰則と危険運転により刑が加重される場合|刑事事件弁護士ナビ
過失運転致死傷罪(かしつうんてんちししょうざい)とは、自動車の危険運転で人にケガをさせるまたは死亡させたときに問われる罪です。罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。

引用:刑事事件弁護士ナビ

 

スポンサーリンク

 

溝口扼男(松本千明さん死亡)佐賀の西九州道で正面衝突事故のネットの反応

 

老人だけではないと思います。私も同じように正面から対向車がはみ出して衝突してきました。相手は若い男性で携帯をいじっていたようですが、自分ではなく私が悪いようなことを言い事故処理が進まず苦しい思いをしています。自分勝手な運転をするような人へは厳しい処罰を強く望みます。

これからの日本を背負っていく若い子の命を老い先短いジジイから
奪われる少子高齢化が問題になってるけど高齢者の暴走運転止めなければ同じような悲惨な事故繰り返される。

こういうとき亡くなるのは軽自動車なんですよね。
ほぼ無過失なのに残念過ぎます。
軽自動車は生命や高度障害のリスクまで考えると決して経済的な車ではないと思います。
ファイナンシャルプランナーさんなどに家計相談すると、田舎で自動車社会のとき、まず車を軽自動車にして~とか安易に勧めるのもどうかなと思います。
中央分離帯の役割を果たすワイヤーロープを暫定二車線高速に早期に全面設置してもらいたいです。
高齢者の免許更新制度も、もう少しまともな試験形式にしてもらいたいものです。
教習所のクランクで縁石乗り上げとか仮免許試験合格レベル未満の運転技術でも更新出来ちゃうのはどうかと。
今回の死亡事故、どれか一つでも改善されていたら回避出来たかもと思うと本当残念です。
御冥福をお祈りいたします。

最近は高齢者が運転する車を見かけると怖くなります。離合する細い道でも車道の真ん中辺りをスーっと行く。どこ走ってんだよっ️って自分もすれ違い様にぶつかりそうになり車の中で叫んでる事がしょっちゅうです。いつも通る道でなんで、私も気をつけてますが、見る度に違う顔。同一人物じゃないんです。勘弁して欲しい。
事故で若い方が亡くなるのって相手の年齢に関係なく悲しくなります。
御冥福をお祈り致します。

自動車を所有していて、ガソリンから車検から毎年から色々な税金を納めてるのだから、こういう場所の中央分離帯はきちんと工事してください!
中央分離帯があればこんな巻き添え事故は起きなかったはず。彼女は死ななくて済んだはずなのに。

こういった軽自動車と登録車との正面衝突では、ほぼ
軽自動車の方に死者が出ますね

軽自動車を購入される方は、事故時の死亡リスクも考えて
購入したほうがいい

また軽自動車の規格は20年間そのまま変わらずだけど
前後のクラッシャブルゾーンを10cm 左右を7cm広げる
だけで、死亡事故は多少減らせられるはず

販売量の4割も占めるのだから、自動車メーカーも
もっと国土交通省への働きかけを積極的にしてほしい

このような逆走衝突事故が後を絶たず、死亡者が気の毒でならない。  他コメによると、
平成28年度に発生した高速道路の逆走件数は249件。
・75歳以上のドライバーが45%。
・65歳~75歳未満が22%。
・30歳~65歳未満の25%。
・30歳未満が8%となっている。
高齢者でなくても逆走はある。

百歩譲って、それまで二車線道路を走っていて勘違いしたとしても、普通であれば対向車に気付いて、走行車線に戻ると思う。 となると、余裕のない追越か、野生動物を避けようとしたのか、善意に考えると。

いづれしても、加害者は正直に供述して、残りの人生を被害者・御遺族に誠心誠意つくして欲しい。 もし、万が一、加齢による運転技能の低下が主因あるのならば、そのことを世に知らしめて、行政に働きかけて対策・予防策の実現を墓前に報告しては。

 

スポンサーリンク

 

溝口扼男(松本千明さん死亡)佐賀の西九州道で正面衝突事故まとめ

 

溝口扼男(松本千明さん死亡)佐賀の西九州道で正面衝突事故について記事にしました。

 

高齢者による事故が本当に多いですね。

 

何かしらの現実的な対策を早急に望みます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました