前田英昇のプロフィールや顔画像!横断の89歳男性をはねて重傷で逮捕|岐阜・中津川市

事件・事故

岐阜県中津川市中津川のセンターラインのない市道で、軽乗用車が道路を横切ろうとした男性をはね、運転していた男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、前田英昇容疑者です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

前田英昇が横断の89歳男性をはねて重傷で逮捕の概要

 

■横断の89歳男性、車にはねられ重傷 運転手を現行犯逮捕 岐阜・中津川市■

3日午後9時10分ごろ、岐阜県中津川市中津川のセンターラインのない市道で、軽乗用車が道路を横切ろうとした男性(89)をはねました。

警察によると、男性は頭から出血して病院に運ばれ、腰と足の骨を折る重傷ですが、命に別条はありません。

警察は軽乗用車を運転していた中津川市の会社員・前田英昇容疑者(26)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し容疑を認めていて、警察が事故の詳しい状況を調べています。

引用:中京テレビNEWS

 

前田英昇が事故を起こした原因は?

 

被害者の男性は89歳とかなり高齢ですが、今回の事故で命に別状がなくて良かったですね。

 

高齢者はちょっとした怪我でも命を落とすケースが多いのでホッとしました。

 

前田英昇容疑者はなぜ事故を起こしてしまったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、午後9時台ということであたりは真っ暗な時間ですよね。

 

現場の始動もセンターラインがないということは、道幅も広くない田舎道で、街灯などの明かりもなかったのかもしれません。

 

このような状況下では、いくらヘッドライトを点けていても、車内からの視界は決してよくありませんので、その影響もあったのかもしれませんね。

 

もちろん故意に起こした事故ではないと思いますが、過失があったのは事実なので反省してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

前田英昇の顔画像とSNS

 

前田英昇容疑者の顔画像を調べてみましたが、現時点では公表されてないようでした。

 

今後進展があり次第、随時追加情報を掲載していきます。

 

併せてFacebookなどのSNS情報も調べてみたところ、前田英昇容疑者本人と特定できるものは存在しませんでした。

 

スポンサーリンク

 

前田英昇のプロフィール

 

氏名:前田英昇(まえだ ひであき)

性別:男

年齢:26才

住所:岐阜県中津川市

職業:会社員

逮捕容疑:過失運転致傷

 

前田英昇が住む岐阜県中津川市

 

■岐阜県中津川市

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

 

前田英昇の逮捕容疑「過失運転致傷」

 

■過失運転致傷

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。 ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。 のいずれかが科され、あるいはケガの程度によって刑が免除になります。

追突事故・過失運転致傷のすべてを徹底解説|追突事故の意味・時効・懲役・慰謝料は?
刑事事件や弁護士の情報を検索中の方へ。追突事故について詳しく知りたい。 そう思っても、なかなか人に相談するのは難しいですよね。 デリケートな話題なので、友だちに聞くわけにもいかず、困っている方も多いでしょう。 そこで私たち弁護士カタログの編集部が、 そもそも追突事故の意味は?どんな犯罪にあたるの? 追突事故で逮捕された...

引用:刑事事件の弁護士カタログ

 

スポンサーリンク

 

前田英昇が横断の89歳男性をはねて重傷で逮捕のネットの反応

 

ケガをした89歳男性は可哀想と思いつつも運転手を逮捕はどうなのと思う、はねられた男性は横断歩道を使わず道路を横切ろうとしたのならケガをした89歳男性にも重大な過失があると思います

最近、道路を横切ろうとして跳ねられる高齢者が多いね。
9時なら真っ暗だし、センターラインもない様な狭い田舎道なら街灯もないだろうし、爺さんも地味な格好していただろうし(あくまでも想像ですが)、安全確認もせず無理やり渡ったんだろうね。
明日は我が身。気を付けようっと!

その歳で脚を骨折するのは、一生寝たきりになる可能性が高い。これはヤバいね。

被害者が子供じゃなくて良かった

 

スポンサーリンク

 

前田英昇が横断の89歳男性をはねて重傷で逮捕まとめ

 

前田英昇容疑者が横断の89歳男性をはねて重傷で逮捕された事件について記事にしました。

 

夜の道は、ハイビームとロービームをこまめに切り替えながら、気をつけて運転しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました