沖田豊の顔画像やプロフィール!SNS情報も!放火で母殺害の犯行動機判明!栃木・取手

事件・事故

ことし1月、取手市でアパートの部屋に火をつけて86歳の母親を殺害したとして殺人と放火の罪に問われている62歳の長男の初公判が開かれ、長男は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。

 

放火で母親を殺害した男の名前は、沖田豊被告です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

沖田豊が放火で母親を殺害した事件の概要

 

■放火で母殺害 男起訴内容認める■

とし1月、取手市でアパートの部屋に火をつけて86歳の母親を殺害したとして殺人と放火の罪に問われている62歳の長男の初公判が開かれ、長男は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。

取手市宮和田の無職、沖田豊被告(62)は、ことし1月、自宅のアパートの部屋に灯油をまいてライターで火をつけ、同居していた母親のとみさん(当時86)を殺害したとして殺人と放火の罪に問われています。

6日、水戸地方裁判所で開かれた初公判で、沖田被告は「間違いありません」と述べて起訴された内容を認めました。

続いて行われた冒頭陳述で検察側は「仕事を無断欠勤し、金銭面で将来に不安を覚えた被告は、それを解消するために自殺しようと決意し、母親が1人では生活できないと思って、無理心中を図ろうとした」などと事件の動機を明らかにしました。

一方の弁護側は「被告は定年退職したあと給与が減って生活保護も受けられず、うつ状態になり、不安定で冷静な判断が困難だった」などと情状酌量を求めました。

裁判は今月9日に検察の求刑が行われ、判決は今月10日に言い渡される予定です。

引用:茨城 NEWS WEB

 

事件があった茨城県取手市宮和田

 

■茨城県取手市宮和田

宮和田
〒300-1514 茨城県取手市

 

沖田豊の犯行動機

 

沖田豊被告の犯行動機が明らかになりました。

 

「仕事を無断欠勤し、金銭面で将来に不安を覚えた被告は、それを解消するために自殺しようと決意し、母親が1人では生活できないと思って、無理心中を図ろうとした」

 

これが母親を放火で殺害した犯行動機です。

 

なんという身勝手な理由でしょうか。

 

沖田豊被告には、精神的疾患でもあったのかと疑ってしまうような動機です。

 

自分を生んでくれた母親に対し、このような残忍なことがよくできるものだと思います。

 

厳罰に処してください。

 

スポンサーリンク

 

 

沖田豊の顔画像とSNS

 

沖田豊被告の顔画像

 

沖田豊被告の顔画像を調べてみましたが、現時点では公表されてないようでした。

 

今後進展があり次第、随時追加情報を掲載していきます。

 

沖田豊被告のSNS

 

沖田豊被告のFacebookなどのSNS情報を調べてみたところ、特定までには至りませんでした。

 

おそらくSNS自体をやっていなかったと思われます。

 

スポンサーリンク

 

 

沖田豊被告のプロフィール

 

氏名:沖田豊

性別:男

年齢:62才

住所:茨城県取手市宮和田

職業:無職

逮捕容疑:殺人と放火

 

沖田豊被告の逮捕容疑「殺人と放火」

 

■殺人罪

殺人罪(さつじんざい)とは、人を殺すこと(殺人)を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第26章に定める殺人の罪(刑法199条〜203条)を指し、狭義には刑法199条に規定されている殺人罪を指す。日本の刑法における殺人罪は故意による殺人をいい(刑法38条参照)、過失により人を死に至らしめた場合は過失致死罪(刑法210条)となる。

引用:Wikipedia

 

■放火罪

放火罪(ほうかざい)とは、火を放つことで不特定多数の生命、身体、財産に危険をもたらす犯罪のことで、放火した対象により罰則が異なります。 放火罪の被害や影響の大きさを考慮し、現住建造物等放火罪では死刑または無期もしくは5年以上の懲役と定められており、殺人罪と同等の重さです。

放火罪とは|放火罪の種類から罰則・構成要件などを解説|あなたの弁護士
放火罪とはどんな罪に問われるのでしょうか。ここでは放火罪の種類から、場合によっては殺人罪と同等の重さになる罰則、器物損壊罪との違い、放火罪の構成要件、放火の対象から着手時期、焼損の定義などわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

出典:弁護士の総合検索サイト『あなたの弁護士』

 

スポンサーリンク

 

沖田豊が放火で母親を殺害した事件まとめ

 

沖田豊が放火で母親を殺害した事件について記事にしました。

 

子が親を殺すなんて信じられない事件ですね。

 

しかも火をつけて焼き殺す手段を選んだ沖田豊被告の罪は相当重いものです。

 

殺人も放火も一番重い罪ですので、そのダブルの罪に問われている判決結果は覚悟しておいてほしいですね。

 

余生は天国の母親に対する償いの日々としてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました