近藤直樹のプロフィールや顔画像あり!工事現場に車突っ込み逮捕!事故原因は?千葉

事件・事故

千葉市の国道の工事現場にタンクローリーが突っ込んで、2人が死亡、5人がけがをし、警察はタンクローリーを運転していた男をその場で逮捕しました。

 

逮捕されたのは、近藤直樹容疑者です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

近藤直樹が工事現場にタンクローリーで突っ込み逮捕の概要

 

■工事現場に車突っ込み2人死亡5人けが 運転していた男逮捕■

11日未明、千葉市の国道の工事現場にタンクローリーが突っ込んで、2人が死亡、5人がけがをし、警察はタンクローリーを運転していた男をその場で逮捕しました。調べに対し男は「車内の機器を操作していて前をよくみていなかった」などと供述しているということです。

警察や消防によりますと11日午前2時すぎ、千葉市美浜区幸町の国道357号線で行われていた下水道工事の現場に、タンクローリーが突っ込みました。

この事故で、現場にいた40代と50代の男性2人が死亡したほか、5人がけがをして病院で手当てを受けているということです。

警察はタンクローリーを運転していた千葉県市原市の自称・運送業、近藤直樹容疑者(43)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

これまでの調べに対し、近藤容疑者は「車内の機器を操作していて前をよく見ていなかった」などと供述しているということです。

道路を管理する千葉国道事務所によりますと、現場では10日夜から片側3車線のうち1車線を通行できなくして、下水道工事を行っていたということです。

現場はJR西千葉駅から西に600メートルほどの見通しのよい直線道路で、警察は今後、容疑を過失運転致死傷に切り替えて事故の状況を詳しく調べることにしています。

引用:NHK NEWS WEB

 

 

近藤直樹が事件を起こした千葉市美浜区幸町の国道357号線

 

■千葉市美浜区幸町の国道357号線

国道357号

 

スポンサーリンク

 

近藤直樹の勤務先

 

近藤直樹容疑者は、千葉県市原市で自称・運送業をしているそうです。

 

何処かの会社に勤務しているのか、または自営でやっているのかは現時点でわかっていません。

 

近藤直樹の犯行動機

 

近藤直樹容疑者は、事故当時「車内の機器を操作していて前をよく見ていなかった」と供述しています。

 

この12月から厳罰化された「ながら運転」ですね。

 

車はほんの数秒の脇見でかなりの距離を進んでいます。

 

また、運転手本人は少しの脇見のつもりでも、客観的に観察してみるととても長い時間前を見ていないという状況になっています。

 

せっかく厳罰化されて間もない時期に、このような悲惨な事故が起きたことは悲しくてなりません。

 

近藤直樹容疑者には厳罰を処していただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

近藤直樹の顔画像とSNS

 

近藤直樹の顔画像

 

出典:TBS系(JNN)

 

近藤直樹のSNS

 

近藤直樹容疑者のFacebookやTwitterなどのSNS情報を調べてみましたが、同姓同名の人物は複数いましたが、本人特定には至りませんでした。

 

スポンサーリンク

 

 

近藤直樹のプロフィール

 

氏名:近藤直樹(こんどう なおき)

性別:男

年齢:43才

住所:千葉県市原市

職業:運送業(自称)

逮捕容疑:過失運転傷害(逮捕時) ※過失運転致死傷に切り替え予定

 

近藤直樹が住む千葉県市原市

 

■千葉県市原市

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

 

近藤直樹の逮捕容疑「過失運転致死傷」

 

■過失運転致死傷

過失運転致死傷罪の刑罰 自動車を運転する上で必要な注意を怠って、人にケガをさせたり、死亡させたりした場合には、7年以下の懲役・禁固、または100万円以下の罰金を支払う必要があります。 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する

過失運転致死傷罪とは|罰則と危険運転により刑が加重される場合|刑事事件弁護士ナビ
過失運転致死傷罪(かしつうんてんちししょうざい)とは、自動車の危険運転で人にケガをさせるまたは死亡させたときに問われる罪です。罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。

引用:刑事事件弁護士ナビ

 

スポンサーリンク

 

近藤直樹が工事現場にタンクローリーで突っ込み逮捕のネットの反応

 

時間からして居眠り運転だろうか
急にトレーラーが突っ込んできたら防ぎようもないよな…
被害者に何の落ち度もないのに

高速道路の工事規制と比べて一般道路の規制は現場のすぐ手前で始まってる事が多くて危ないと思うことは少なくない。
規制の始点には衝突に備えて中型以上の規制車両を停めるようにして、
現場までの距離も余裕をもって規制してもらいたい。

事故にあわれた方のご冥福を祈る

もう工事の際に車止のブロックとか設置するしかないだろ
俺も監督としてやったことあるけど、ブロックなんておいたら邪魔だし、設置がめんどくさいけど、命には代えられないよね

別の記事に投稿した際に、工事会社の管理不備という書き込みを多く見ました。現場の通りをよく知る方も多いらしく、注意喚起の標識の設置などが不十分で現場の直前で車線変更を余儀なくされる車両も少なくないとのことです。事故はやむなしとの見方も多かったようですね。

ただ、この惨事の犠牲者の方たちは皆、世の中の下支えをされる人たちです。
こうして工事が中断されたとしても、今夜にまた人が補充されて何事もなく予定通りの工期で事は終わるのだと思います。名の通った人たちのように見向きもされずに、明日には事を忘れられさえする。。
こんな寒い時期に、しかも深夜の午前2時。仕事とはいえ厳しい労働環境でのこと。亡くなったお二人はもちろん、搬送された方々も不本意なことです。只々お気の毒です。

顔も存ぜぬ身ではありますが、心の内で手を合わせたいと思いました。
ご冥福と早期の回復をお祈りいたします。

「車両の機器を操作していた」と供述しているそうだが、あの直線路なら随分と手前から工事をしていることには気付けるはず。それくらい手前から前を見ていなかった可能性がある。ずっと視線をそらしていたということは、スマホか居眠りか?と考えてしまう。

大型トラックやトレーラーは、歩道を歩いていてもその爆音と振動で耳をふさぎたくなるほどの恐怖を覚えるね。

正直、大型車は鉄の凶器以外の何物でもないから、ドライバーは責任感を持って、目的地まで命を賭けて運転するくらいの気持ちで、あと周囲に極力配慮するような運転をしてほしい。

たまに、ノーウインカーで強引に割り込んでくる(こちら側にブレーキを踏ませる)大型車がいるが、正直論外やと思う。

最近はスマホを見ていても、違う理由で前を見ていなかった
と言う人がいる、

物を探していた、メモを見ていた、車内操作をしていたなどなど

これからは車内ドライブレコーダー設置を義務化しないと駄目かな・・・

 

スポンサーリンク

 

近藤直樹が工事現場にタンクローリーで突っ込み逮捕まとめ

 

近藤直樹が工事現場にタンクローリーで突っ込み逮捕された事件について記事にしました。

 

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

 

併せて、怪我をされている方の一日も早いご回復もお祈りします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました