萬濃裕司(医師)の勤務先・住所特定!プロフィールや顔画像!まんのう整形外科医師が強制わいせつ致傷|三重・松坂

事件・事故

三重県松阪市で開業する整形外科医院内で30代女性の体を触った上、片目にけがをさせたとして、男を在宅起訴しました。

 

起訴されたのは、萬濃裕司です。

 

この事件について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

萬濃裕司(医師)が強制わいせつ致傷で在宅起訴の概要

 

■強制わいせつ致傷で医師在宅起訴 被害女性、片目をほぼ失明■

三重県松阪市で開業する整形外科医院内で30代女性の体を触った上、片目にけがをさせたとして、津地検は26日、強制わいせつ致傷罪で院長の萬濃裕司医師(53)=同市=を在宅起訴した。地検によると、女性は片目がほぼ見えない状態になった。捜査関係者によると、女性は患者ではないという。

起訴状などによると、2015年3月24日、医院内で椅子に座っていた女性の胸を触ったり、額にキスをしたりするなどしたとしている。女性は避けようとして椅子から転落し顔面を強打。片目に全治不能のけがをした。

引用:共同通信

 

 

萬濃裕司(医師)が事件を起こした三重県松阪市松崎浦町96-1

 

■三重県松阪市松崎浦町96-1

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

 

スポンサーリンク

萬濃裕司(医師)の勤務先

 

萬濃裕司(医師)は三重県松阪市で『まんのう 整形外科』の開業医をしていました。

 

■まんのう 整形外科

まんのう整形外科 整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科整形外科,腰痛,まんのう
まんのう整形外科 整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科 松阪市,松崎浦町/病院,医院

 

〒515-2132
三重県松阪市松崎浦町96-1
TEL 0598-51-1775

 

萬濃裕司(医師)の犯行動機

 

萬濃裕司(医師)の犯行動機はどのようなものだったのでしょうか。

 

おそらく好みの女性を見てムラムラを抑えられなくなってわいせつ行為に及んだのだと思います。

 

しかし、怪我を治す立場の医師が、わいせつ行為をして心に傷を負わせたうえに片目をほぼ失明状態にする怪我を負わすなんて信じられません。

 

この男にも同じ目にあわせたいと思うのは私だけでしょうか。

 

厳罰に処して一生塀の中に入れておいてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

萬濃裕司(医師)の顔画像とSNS

 

萬濃裕司(医師)の顔画像

 

萬濃裕司(医師)の顔画像は現時点で公表されておりません。

 

わいせつ男の顔写真は絶対に公表すべきです。

 

進展があり次第随時更新していきます。

 

萬濃裕司(医師)のSNS

 

萬濃裕司(医師)のSNS情報を調べてみたところ、本人と特定できる情報はありませんでした。

 

そもそもSNSはやっていなかった可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

萬濃裕司(医師)のプロフィール

 

氏名:萬濃裕司

性別:男

年齢:53歳

住所:三重県松阪市松崎浦町96-1

職業:まんのう 整形外科(開業医)

起訴理由:強制わいせつ致傷罪

 

萬濃裕司(医師)の住む「埼玉県秩父市」

 

■埼玉県秩父市

Google マップ

 

萬濃裕司(医師)の起訴理由「強制わいせつ致傷罪」

 

■強制わいせつ致死傷罪,強制性交等致死傷罪とは?

強制わいせつ致死傷罪,強制性交等致死傷罪とは?|強制わいせつ,強制性交等の致死傷罪について詳しく解説します | 中村国際刑事の弁護士
強制わいせつ致死傷罪,強制性交等致死傷罪とは?|それぞれの罪名について詳しく解説します 強制わいせつ致死傷罪と強制性交等致死傷罪は,それぞれ,「強制わいせつ」や「強制性交等」を行うことによって,被害者を死亡させたり,傷害を負わせたりする犯罪です。 まずは,「強制わいせつ」や「強制性交等」とは何かを解説し,その上で強制わ...

引用:弁護士法人中村国際刑事法律事務所

 

スポンサーリンク

 

萬濃裕司(医師)が強制わいせつ致傷で在宅起訴のネットの反応

 

医師免許はく奪でしょう。

患者じゃないってどういうこと?
待合室か何かで無理やりに襲ったって、この医師正気か?

今までに被害者はいないのかな?
性犯罪の被害者は辛い想いをするから、言い出せないでいる人がいそうな気がするんだけど……

患者じゃないとすればその付き添いか、あるいは薬品メーカーの営業職の女性か、検体を取りに来た検査センターの女性職員か、いずれにしてもなかなか想定的しづらい、とんでもないハレンチ事件。 医療倫理委員会では当然医師免許剥奪。刑事的には、強制わいせつだと強制性交じゃないから、量刑は当然変わってきてしまうが…。

あり得ない事件だ。片目が見えなくなったなんて…暴力事件であり、絶対に執行猶予とかはやめてほしい

4年前の事件を今頃?
しかも勾留を伴わない在宅起訴?
マスコミはこんな事件を報道すべきだと思います。

患者ではない?医薬品会社の方ってこと?
この医師もしかしたら普段から患者さんの身体を無意味に治療として触ってたかも…
女性は片目がほぼ失明って…今の医学では回復させることは無理ってことか…

付き添い人に手を出したか。

患者などへのわいせつ行為や強姦など余罪がある人物。

罪を明らかにして、厳しく罰して欲しい。

 

スポンサーリンク

 

萬濃裕司(医師)が強制わいせつ致傷で在宅起訴まとめ

 

萬濃裕司(医師)が強制わいせつ致傷で在宅起訴された事件について記事にしました。

 

この男は医師免許剥奪で、残りの人生は塀の中で強制労働でお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました